利用するための注意点

おまとめローンおまとめローンでは銀行を利用したいと考えてる人もいるでしょう。銀行は消費者金融と比べ金利が低く、毎月の利息負担を減らすことができます。しかし銀行では過剰貸付が問題視され、今おまとめローンを利用するのは難しい状況です。そのため、おまとめローンを利用する際には消費者金融の利用を考える必要があるでしょう。

消費者金融を利用するとなると総量規制が気になってしまいますが、顧客に対して一方的に有利になるような借り換えの場合にはこの総量規制は対象外となります。総量規制が対象外ということは、年収の1/3以上の借入も可能ということです。

また消費者金融では金利が気になってしまう人もいるでしょう。しかしこの金利はあくまでも上限金利が高いというだけで、ある程度の借入をすると銀行カードローンとそれほど変わらない金利設定となっています。借入額は人によって異なり一概には言えませんが、複数社からの借入をまとめることで多くの借り入れとなり、それに伴って金利も低い設定となるでしょう。

消費者金融でもしっかりと審査が行われるため、おまとめローンを利用する前に信用情報を良くする努力をしてみましょう。毎月の返済によって借金が減っているような状態であれば審査では有利になります。また、当然のことですが返済忘れは審査落ちの原因となってしまいます。おまとめローンを利用する際には、自分で信用情報を確認して、 信用情報が良い状態で申し込むことをおすすめします。


どんなローンなの

おまとめローンおまとめローンは複数のローンを一緒にまとめることができる点が大きな特徴です。複数社から借り入れをしてしまうと返済日の違いによって、毎月何度も返済をすることになってしまいます。このことで経済的負担は大きく、精神的にも苦痛と感じている人も多いことでしょう。返済先を一緒にまとめてしまえば返済日も毎月一回になることから、精神的な苦痛の軽減にもなります

 

お借入れ金を一本化して月々の負担を軽減することができるため、計画的なご返済で段階的に残高を減少させることができます。

 

また、毎月の返済額を減らすことができるというメリットがあります。どこの金融機関からも最小返済額で返済をしていても、複数社の借入をしていることで毎月の返済額は高くなってしまいます

3社から借入をしていて、どの金融機関も最低返済額が4,000円だとしても、ひと月の返済額は3社の最低返済額の合計12,000円となります。しかし1社にまとめることができれば、その金融機関の最低返済額だけですませることができます。

複数の借入をしている人にとってはぜひ利用したいおまとめローンですか、このローンは審査が厳しいと言われています。そのためおまとめローンを利用したいと思っても誰でも利用できるというものでもありません。おまとめローンを利用する場合には、 今の借入を少しずつでも減らしている、返済忘れがないといった、信用情報に審査に有利になるような情報が記録されている必要があるでしょう。


複数のキャッシングをまとめよう

複数の金融機関からキャッシングでお金を借りてしまい、毎月の返済が大変と感じている人もいるでしょう。それぞれの金融機関によって支払日が違い、日々その支払日に追われるような生活をしている人もいるかもしれません。

そんな生活を送っている人の中には、少額の借入を複数社からしている人もいるでしょう。少額の借入であれば比較的審査に通りやすく、審査に不安を感じる人は、少額の申し込みをして、複数社から借り入れをしている人も多くいます。借りやすい方法ですが、このような借り方をすると利息負担が大きくなることで返済に困ることにもなります。

キャッシングキャッシングでは、借入額によって金利も違ってきます。各金融機関で金利は3%~18%といった表記がされています。
高額の借入であれば金利は3%程度となり、少額の借入となると上限金利の18%の設定になります。10万円程度の借り入れではその金融機関の上限金利が設定されることになるでしょう。

消費者金融やクレジットカードの上限金利は高いところでは18%もの金利となってしまいます。住宅ローンや自動車ローンなどの目的ローンと比べるととても高い金利です。このような金利で複数社からお金を借りてしまえば返済に困るのは当然のことかもしれません。

毎月返済に追われるような日々を何とか解消したいと考えてる人もいるでしょう。そんな人におすすめなのがおまとめローンを利用することです。おまとめローンとは、複数車のローンを一緒にまとめてしまうことを言います。

ここでは、おまとめローンの特徴やおまとめローンのメリット・デメリット、注意点について紹介します。複数の金融機関からキャッシングを利用してしまい返済に困っている人は参考にして、今の借金苦を解消しましょう。